30歳で教員を辞めた男の人生

30歳で教員を辞めて気づいたこと、教員をやっていて学んだことなどを書いていきたいと思います。教員の方も、そうでない方も、仕事と生き方について考える参考にしてきただける記事を目指します。

YouTube動画投稿までの道のり①

最近、YouTubeで授業動画を作りました。動画を作るのは意外と大変で、何度も壁にぶつかり、その都度工夫をしながらなんとか投稿ができました…。

↓初投稿の動画
https://m.youtube.com/watch?v=qZn454ZNbg4


私なりに、動画をつくるときにふんだステップとポイントを書いてみたいと思います。


①まずはアイディアを考える

コツは他人のアイディアをパクリながらオリジナリティを出すことです。

授業動画を作るにあたって、YouTube上にはすでに再生回数がめっちゃ多い、わかりやすい授業動画があることが気がかりでした。

すでにあるものを作っても面白くない。
他の動画と、どう差別化していくか。

そこで重要になった視点は、他人の動画やアイディアを盗み、組み合わせてオリジナリティを出すことでした。

影響が大きかったのは、
・殺せんせー(漫画『暗殺教室』で、悩む中学生のために全力で授業をするかわいい超生物)
・『嫌われる勇気』(アドラー心理学の考え方を、哲人と悩める青年の対話形式で説明した書籍)
・うさまる(白くて丸っこいゆるかわキャラ)
など…。

これらの影響を大いに受けて、

『人間ではない、かわいいキャラクターが授業をやったら面白いのではないか』

『人間にできない、面白い情報の提示が、アニメーションならできるのではないか』

『対話形式なら、生徒目線で飽きずに授業を聞けるのではないか』

と考え、「おばけのキャラクターが対話形式で授業をするアニメーションを作る」という方向性にたどり着きました。

私はまだかけ出しですが、こうして作った動画が、まわりの人にわかりやすいと言っていただけたり、チャンネル登録をしていただけたりすると、ものすごく嬉しいです!

(続く)