30歳で教員を辞めた男の人生

30歳で教員を辞めて気づいたこと、教員をやっていて学んだことなどを書いていきたいと思います。教員の方も、そうでない方も、仕事と生き方について考える参考にしてきただける記事を目指します。

YouTube動画投稿までの道のり④

最近、YouTubeで授業動画を作りました。動画を作るのは意外と大変で、何度も壁にぶつかり、その都度工夫をしながらなんとか投稿ができました…。

↓初投稿の動画
https://m.youtube.com/watch?v=qZn454ZNbg4


私なりに、動画をつくるときのステップとポイントを書いてみたいと思います。
(以下、前記事の続き)

④不要な部分を削る作業を繰り返す


『細かいところまで説明しよう』
『生徒のリアルなつまずきを入れよう』
『例え話をいれた方がわかりやすいかも。ギャグもいれよう』

…このように、動画を作っていると、伝えたいことがたくさん浮かんで、情報を詰め込みすぎてしまう傾向が、私にはありました。

実際に、録音をしてみると、セリフが長くなって、なんとも聞き苦しい動画に…。

動画は、不要な情報を極力なくし、シンプルなものが、わかりやすいでしょう。

セリフの台本を作ったあと、2、3回読み返して、削れるところはとにかく削る作業を入れてみる。

動画を編集する作業の段階でも、少しでも削れるところは削る。

何回も動画を見返すと、何回も、削って良いところが見つかります。

不要な部分をけずる作業、何回も繰り返して、短時間で伝わる動画を作るのが良いと思います。